おだわらのいいところ194番外編 開成町の気になるところ

おだわらのいいところ


梅雨の時期の風物詩と言えば、あじさい。

実は、あじさいの開花日を毎年気象庁が観測しているのをご存知ですか?


あじさいの開花日とは、標本となっているあじさいの真の花(あじさいの中央部分)が2~3輪咲いた状態となった最初の日をいい、

6月の初め頃の九州地方南部から始まり、九州北部、四国地方、近畿…と

徐々に北上し、7月頃には東北、8月中旬ごろに北海道北部に達します。

(あじさい前線)


あじさいは小田原市のお隣さん・開成町の花としても制定されていて、

毎年のどかな田園風景と共に約5000株が咲き誇ります。

(「開成町あじさい祭り」は中止)

じめじめした時期ですが、目に爽やかなあじさいを楽しみたいですね!