おだわらのいいところ173

おだわらのいいところ


こちらのポスター(写真)をご覧ください。

「あ、このデザインどこかで見たことある!」という方も

いらっしゃるでしょうか?


SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goalsの略で、2015年の国連で採択されて以来、2030年の達成を目指し世界の人々と共有している「持続可能な開発目標」の事です。


ポスターにデザインされているアイコンは、その17の目標(ゴール)です。
1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう


また国は、SDGs達成に向けて優れた取り組みを行う31の自治体を「SDGs未来都市」として選定、そのうち、先導的な10の取り組みを「自治体SDGsモデル事業」として選定。

実は小田原市は、「SDGs未来都市」および、「自治体SDGsモデル事業」の

どちらにも選定されています!


「でも…具体的にはどんなことがSDGsなの??」

「実際はどんな取り組みをしているの?」と疑問に思いますよね!


次回の【おだわらのいいところ】では、

小田原市の取り組みについて、具体的にご紹介したいと思います。

次週をお楽しみに!