おだわらのいいところ164番外編 開成町の気になるところ

おだわらのいいところ

おはようございます。

だんだんと秋めいてきました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は小田原市のお隣さん 開成町にある

「あしがり郷 瀬戸屋敷」の話題です。

町の指定重要文化財に指定されている 瀬戸屋敷。

つい先日、 施設の一角に発酵と旬の野菜をテーマとした 直売所

「atelier hacco(アトリエハッコ)」が 新オープンしました。

近隣地域で採れた旬のお野菜や、 オリジナルに開発・商品化した発酵商品、

厳選されたキッチングッズや生活雑貨なども 取り扱っています。

もう一つの名物はソフトクリーム。

足柄茶を使った抹茶ソフトや瀬戸酒造店の酒粕を 使ったちょっと大人の味?が

味わえます。

また、コーヒーをはじめとするドリンクやオリジナルの 発酵メニューを楽しめる喫茶店「cafe hacco」は、 しばらくの休館を経て、7月から再開。

それに伴い、一部メニューが新しくなったそうです。

人気メニューの「醤油麹トースト」は 少し厚めの食パンで、サクサクとした食感と、 甘しょっぱさがやみつきになるおいしさです。

(テイクアウトも可)

「瀬戸屋敷」は、 開成町の瀬戸家のお屋敷として

約300年ほど前に建てられました。

水車、井戸、土蔵や囲炉裏など、 江戸時代の農村生活を伝える歴史文化財として、 様々な方の手によって丁寧に管理され、 その当時の状態を保ちつつ残されています。

今回のリニューアルで、 昔ながらの日本の良さを実体験できる部分と、

おしゃれで現代的なショップとカフェが融合し、 新しいバランスが

生まれました。

駐車場の台数も大幅に増設、入場は無料(※)です。

ぜひお気軽に足を運んでみては!

(※特別なイベント開催期間中は有料になることもあります)

デザインこねこFacebookでも
「小田原のいいところ」を更新しています