おだわらのいいところ53

小田原のいいところ

秋本番。
そろそろ、冬の足音も聴こえてきそうですね!

寒い季節にほっと一息つきたいときの
お供と言えば、お茶。

実は最近、
我が家でこの10年ほど愛用していた急須の
持ち手の「弦」(つる)がほどけてきてしまい、
非常に使いづらくて困っていました。

この急須は某食器店で購入したんですが、
店主の方がご高齢で、最近はほとんど開いていないという噂。

ずっと愛用してきたものだし、
急須を買い替えてしまうのはちょっとさみしい!というわけで、
小田原界隈で急須の持ち手だけ購入できそうなお店を
覗いてみては、「お取り扱いないです」と言われてしまう日々が続きました。

そんなとき、以前弊社が発行していた「おとなりさん」にて、
商品を通信販売させて頂いていた
『横溝篩店』さんの前を通りかかりました。

ダメもとで!と思い切って、
「持ち手を売っているところがなかなかなくて…(泣)」と、
ご相談したところ…
修理を引き受けてくださり、
数日後、見事に持ち手をよみがえらせてくださいました。

小田原市扇町で昔ながらの技術をつかい、
蒸籠 (せいろ)、篩(ふるい)、
裏漉し器などの「曲物」をつくる横溝篩店さん。

この修理は本業でないにも関わらず、
引き受けてくださり、ありがとうございました!

我が家のこの急須、今年も大活躍間違いなしです!