六本木ヒルズの森美術館でおこなわれている「建築の日本展」へいってきました。

今日のこねこ

六本木ヒルズの森美術館でおこなわれている
「建築の日本展」へいってきました。

建築というものは、
非常に人間の挑戦する精神を刺激するもので、
造形的な美、工芸的創意工夫、哲学的な思想、
社会的な課題など、デザインを考える上でも
示唆に富んだテーマからアプローチし、
見事に日本建築というものを
体系的な展示に昇華していて、
とても見応えがありました。
展示名が、「日本の建築展」ではなく、
「建築の日本展」となっていることに、
見終えた後に、大いに納得しました。

また、今回目当てにしていたのは、
世界に誇る小田原の宮大工芹澤毅棟梁が
手がけた丹下健三程の1/3モデルの復元です。
現存しない建物の空間を把握するために、
写真から畳の目を数えるような苦労もあったようです。
大変貴重なプロダクトですが、
写真を撮ることもできますので、ぜひ足をお運び下さい。

長嶺俊也

 

 

 

 

 

デザインこねこFacebookでも
「今日のこねこ」を更新しています!