メルマガ

[毎週水曜日更新]

デザインこねこ株式会社・代表の長嶺喜和が日々の気付きや、考えたこと、耳よりな情報、デザインに関する最新情報などをお届けしていく「公式メールマガジン」です。無料ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

お申し込みはメールフォームから空メールを送るだけのカンタン登録。プライバシーポリシーを必ずご確認の上「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせ内容欄に「メルマガ申し込み」とご記入の上、送信してください。

バックナンバー

プライバシーポリシー

*配信停止の際には、お手数ですがお問い合わせ内容欄に「メルマガ配信停止」とご記入の上お送りください。

メールマガジンサンプル

媒体別広告費

[2022.5.11]

こんにちは!
デザインこねこの長嶺喜和です。

こんにちは!
デザインこねこの長嶺喜和です。

初夏ですね。
もう少しすると、梅雨のシーズンですが、
今年は市民農園を始めたので、
雨の日も、畑のことを思うと嬉しい気持ちになりそうです。

【媒体別広告費】

2022年2月24日、電通が日本の総広告費と媒体別広告費を発表しました。
電通報 https://dentsu-ho.com/articles/8090
広告市場のトレンドは何なのか?
費用対効果を考える上でも、重要な資料です。

2021年 日本の広告費
10年間推移を見ると、広告費は右肩上がりとなっております。
2020年は、新型コロナウィルス 感染症拡大の影響があり、
大きく落ち込みましたが、
2021年はだいぶ回復され、2019年と2018年の間くらいの、
6兆7998億円という数字でした。
回復の理由として、コロナ渦での戦略にシフトし、
インターネット広告の活用に取り組んだことが挙げられます。

マスコミ4媒体(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ)とインターネット広告を比べると、
2012年ではマスコミ4媒体が約2兆9000億円に対し、
インターネット広告は約8000億円と、
大きく約3.6倍の差がありましたが、

2021年ではマスコミ4媒体が約2兆4500億円に対し、
インターネット広告は約2兆8000億円と、
初めてインターネット広告の方が高くなり、逆転が起こっています。

テレビの視聴率は長期的に低下トレンドなのですが、「おうち時間」が増えたことで、
「うちマス四媒体由来のデジタル広告費」は増えている傾向になります。
TVerやTELASAなどテレビ番組をインターネットで閲覧できるサービスの浸透もあり、
CMは、インターネット広告と融合した形で注目されていくそうです。

媒体別構成比2021


・インターネット広告費 39.8%

・マスコミ4媒体広告費 36.1%
 テレビメディア27.1%、地上波テレビ25.3%、衛星メディア関連1.8%、
 新聞5.6%、雑誌1.8%、ラジオ1.6%

・プロモーションメディア広告費 24.1%
 交通2.0%、フリーペーパー2.1%、POP2.3%、折り込み3.9%、
 屋外4.0%、イベント・展示・映像など4.7%、DM5.1%

長嶺 喜和|Nagamine Kiwa  facebook

デザインこねこ株式会社 代表取締役社長/クリエイティブディレクター/イラストレーター/デザイナー

1979年神奈川県小田原市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科(一期生)にて、インスタレーションアートを学ぶ。在学中よりウェディングアルバム制作会社の仕事の受託をはじめる。もっと様々なデザインをお客様と直接やりとりをしながらつくりたいという思いから2009年に「デザインこねこ」を創業。小田原地下街「ハルネ小田原」開業プロモーション受注を期に2016年に法人化。その後も、小田原城のリニューアル「小田原城 平成の大改修」のPR全般などをはじめ、小田原市の自治会情報誌「小田原回覧板系フリーマガジン おとなりさん」の発行(自社事業、季刊7万部発行 *現在休刊中)など、小田原市を中心とした西湘エリアにて「地域密着のデザイン会社」として展開を続ける。画家である母の影響で幼少より絵に親しみ、現在は母の主宰するアトリエ・コネコで子どもたちへ向け絵画の講師も行っている。