おだわらのいいところ136番外編 湯河原町の気になるところ

小田原のいいところ

数年前のこと。湯河原町在住の知人から、「小さい子どもが喜びそうな、いい公園が湯河原にあるよ!」と聞きました。

その名も「タコ公園」というそう。

どんな公園なんだろう…笑

だいたいの場所を聞き、その周辺と思われるところに、車で向かっていると…
「あ!ここでしょ~きっと!」


ありました!タコ(蛸)の形をした何かが。

(正式名称は「蔵町公園」だそうです)


行ってみると、どうやらタコの形をしていたのは、滑り台でした。

見た目のインパクトはもちろんですが、上り下りするところが数カ所あり、

いかにも子どもが喜びそうな作りになっています。


実は、このいわゆる「タコ公園」は、日本全国に点在しているらしいです。

「うちの近所にもあった!」「ある!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。
ちなみに…私が公園に行ったときには、小学校4,5年生かなと思われる男の子女の子数人が、そのタコの周りで元気に鬼ごっこをしている様子でした。

(この遊具の他にも、シーソーやブランコ、ターザンロープ、砂場などもあり、比較的広い公園です)


子:「ちょっと友達と外に出かけてくる!」

親:「どこに行くのー?」子:「タコ公園!!」


…なんていう会話が親子の間でなされたのかな?と想像すると、

ちょっと微笑ましい気分になったのでした。