おだわらのいいところ115

小田原のいいところ

さあ、凝り固まった頭を柔らかくして。

どうにかしないと開かない、ちょっとひねりのある箱との知恵比べ。
そんな、大人も子どももワクワクするような展示会をご紹介します♪


~『角田遥の物語展~世界はいつも何かを隠している』~
時期:開催中~12月25日(日)まで(会期中無休)場所:LOBBY ODAWARA(小田原城から徒歩約1分・11:00~17:00)


小田原市久野に工房を構える「からくり創作研究会」所属、角田遥(かくだよう)さん製作の「からくり箱」の展示・販売会です。


「からくり箱」とは、小田原・箱根に古くから伝わる工芸品の「秘密箱」をベースにし、現代の職人がアイディアや趣向をこらし、現代風にアレンジしたもの。
「秘密箱」や「からくり箱」というと、四角い箱を思い浮かべる方が多いと思いますが、角田さんの「からくり箱」は動物をモチーフにしているものが多く、とっても素朴で愛らしいたたずまいをしています。


一見、置物のように見えますが、仕掛けの謎を解くと、小さな箱が隠されているので、インテリアとしてお部屋の一角に置くのはもちろん、箱の中に何かを隠して大切な方にプレゼントするという方もいらっしゃるそうです。


「親しみ慣れた空間に溶け込み、存在するように。日々の時が流れていく中で、ほっと息をつけたり、くすりと笑えるものを作っていけたら」との思いで、創作活動をしている角田さん。
どの作品にもストーリー性があり、それがからくり箱をあけるヒントになっています。

(もしも、開けらないという方がいらっしゃいましたら、LOBBY ODAWARAのスタッフへお気軽にお声がけください。)


様々な場所で展示会をされている「からくり箱」職人・角田遥さん。2019年最後の展示会は、本拠地・小田原での開催です!

会期は、クリスマスまで。

ぜひこの機会に、足をお運びください。

デザインこねこFacebookでも
「小田原のいいところ」を更新しています