【おだわらのいいところ105】

小田原のいいところ


新米がおいしい季節になりました♪

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?


さて、今回の【おだわらのいいところ】は

『プレイパーク』(冒険遊び場)のご紹介です。


舞台はいつもの公園。

でも、ちょっと違うところは、「禁止事項をできるだけ少なく」して、

自分の責任で、自由に遊ぶことを目指した遊び場だということ。

たき火やどろんこ遊び、木登り、木工作…はたまた、何もしないでぼーっとするのもあり。

「自分のやりたい!」を大切にして、小さいけがや失敗を恐れずに、チャレンジできる場なのです。


事前申し込みや参加費は不要、年齢制限もなし。

出入り自由で参加ができます。

実はその歴史は意外と長く、最初は1940年代にヨーロッパで生まれた活動で、1975年には日本でも誕生。


その活動は現在、日本全国に広がりつつあり、神奈川県西湘地区でも、

小田原市をはじめ、南足柄市、開成町、大井町、二宮町、山北町、松田町などで実施されています。


ちなみに、小田原市では10月19日(土)、酒匂浜公園で開催予定。

今後も随時開催されますので、気になる方はホームページやブログなどをご参照ください。

すがすがしいこの季節。

大人も子どもも…ココロとカラダを開放させて、お外で遊びませんか?