小田原のいいところ19

小田原のいいところ

今が旬の「レモン」

近年、国産レモンが注目され
加工品の数も増えているようです。
調味料、お菓子、ヘアケア用品まで!?

昨日、NHKのお昼の番組で、特集していました。

番組によると・・・

レモンは輸入と国産があり、国産の割合は12%。
ただし、出荷量はここ20年で3倍近く増えている。
(2009年→2014年8000トン)

国産の魅力は、
新鮮で香りがよい!

広島、愛媛をはじめ、
西日本で生産されたものが多い。
関東では、数少ない産地の中に「小田原」がある。

小田原の片浦地域では、
江戸時代初期からみかんの生産が行われていて
40年前からレモンの栽培がはじまった。

「片浦レモン」の特徴は
なんといっても、香りがすごい!

・・・

市内各地でポスターや関連商品を見たり、
スーパーに並んでいますが、
貴重なアイテムなのだとはじめて知りました。
ありがたく、味わいたいですね。

 

 

デザインこねこFacebookでも
「小田原のいいところ」を更新しています!