「カマスボー」/BRANDING

事例紹介

「カマスボー」ネーミング、ポスター/BRANDING・DESIGN
client:小田原の魚ブランド化・消費拡大協議会

kamasu_photo

 

小田原の魚ブランド化・消費拡大協議会さんが手がける、
「カマスボー」のネーミングとポスター、
商品写真の撮影を担当させていただきました。

これはもともと小田原市の水産海浜課の方たちが開発した、
カマスの背骨や中骨を
一瞬にして抜いてしまう器具のPRの一環として生まれた商品です。

ですが、イベントなどで唐揚げやフライにして
提供したところ大人気だったことから、
こちらもきちんと商品化していき、
拡大への糸口としたいということで、
ネーミングからご提案させていただくことになりました。

イメージとしては、
最終的にはコンビニでも、居酒屋でも、
スーパーでも、どこでも目にする、
庶民価格の気軽な食べ物、
例えば「たこ焼き」のようなものになって欲しいというみなさんの願いを聞き、
親しみやすくて、思わず言いたくなるような愛嬌のあるネーミングをと考え、
「カマスボー」としました。

ポスターのデザインは、
イベントで目立つように商品を大きく中央に配置し、
目を惹きつけるようベタベタなお祭り的デザインに、
新商品というところを感覚的に伝えたいので、
少しだけ今っぽさをプラスしました。

そして、商品の背景、もともとの事の始まりである
骨抜きの器具のとことろを
わかりやすく4コマ漫画にして、
商品提供の間に読んでもらえるようにしました。

結果、情報の種類が多いながらも、
アピール度が高く、クスリと楽しめて
伝わりやすいポスターになりました。